スーパーコンパニオン・ピンクコンパニオンと遊べる宴会プランを全国3,000件以上からお客様に合わせてご手配します!

宴会コンパニオン旅行 宴会旅行のお手伝い ~楽しいをカタチに~

お電話でのお問い合わせ・ご予約 050-5541-6065

お問い合わせ、変更、ご予約のメールは24時間受付

コンパニオンの意味とは?

コンパニオンとは職を指す場合やある特定の人を指す場合などがあり、使われている業界によって様々な意味があります。

今回は言葉的な意味も含めて、コンパニオンの意味を徹底的に解説したいと思います。

言葉としてのコンパニオンの意味は?

コンパニオンのいろいろ

コンパニオンとはcompanionの和製英語としてその語源が確立されております。

英語の意味合いはcompanion:仲間や友の事を言い、親密な関係がある間柄に使用される言葉として用いられました。

それが日本へ来ると、芸妓さん、つまり宴会時にお酒やお話をし、接待してくれる女性へ使う言葉として用いられるようになりました。
その他にもゲームショウなどでイベントコンパニオンが有名ですが、イベント時に客寄せやお客様への接待を行う人へも使われるようになり、ゲームの中やWEBの世界でも使われるようになり、その仕様の幅は年々広がっている状況です。

コンパニオンの言葉のまとめ

・Companion:親しい間柄に使用され仲間に使用される

・コンパニオン(宴会):宴会時にお客様にお酒をお酌したりお話をする女性のこと

・コンパニオン(イベント):イベント時にお客様とお話をしたり客寄せを目的とする容姿メインの女性のこと。キャンペーンガールやイメージガールともいわれております。

・コンパニオン(ゲーム):ゲームを円滑に進めるように支援をしてくれるキャラクターやプレイヤー

・コンパニオン(WEB):デバイスなどを連携可能にするアプリケーションをいい、コンパニオンアプリとも言われる

宴会やパーティーのコンパニオンについて

宴会コンパニオンとレセプタントの違い

大きく分けるとすれば、

・宴会コンパニオン
・バンケットコンパニオン(レセプタント)

の2種類に分類されます。
宴会コンパニオンはより大衆向けでありお色気の要素もあるものも含まれるものとして使われ、逆にバンケットコンパニオンはホテルなどのパーティーでお酒などの給士サービスを行う方々であり、品格が上という感じです。
ただ後者の場合は近年、パーティーを催し、その際に呼ぶという好意や需要も少なくなり、行っているところもごくごく一部となっております。

そしてコンパニオンは宴会時に呼ぶ要素が強まっていく中で、バンケットコンパニオンと格が高いイメージを守るためにレセプタントという言葉へと変化しており、今はそこまでの浸透性がなくバンケットコンパニオンのほうが広く認知されている用語となっております。

関連記事

カテゴリー

最近の投稿