スーパーコンパニオン・ピンクコンパニオンと遊べる宴会プランを全国3,000件以上からお客様に合わせてご手配します!

宴会コンパニオン旅行 宴会旅行のお手伝い ~楽しいをカタチに~

お電話でのお問い合わせ・ご予約 050-5541-6065

お問い合わせ、変更、ご予約のメールは24時間受付

【裏情報】エロくて美人なピンクコンパニオンを確実に呼ぶ方法

投稿日:2021年07月24日 by:城戸祐介

あわら温泉で実験!ピンクコンパニオン美人嬢を呼ぶ方法

「ピンクコンパニオン呼んだらおばちゃんきた!」

「スリムな子頼んだのにデブがきた!」

そんな苦い思い出ありませんか?

コンパニオンを15年間、100回以上呼んだ経験を元に、確実にエロい美女が呼べる秘訣をご紹介します。

1、筆者のコンパニオン失敗体験3つ

ピンクコンパニオン失敗体験

さて、今回は「コンパニオンで失敗しない方法」を3つ紹介しよう。


全国各地のピンクコンパニオンを呼んでレポートも書いている私だが、ここに至るまでには痛い失敗体験も多数してきた。今回はその中でもベスト3に入るトラウマ体験をご紹介する。


「自分も同じ経験した」と痛い思い出がフラッシュバックする方もいるかもしれないので、そこは自己責任で。

失敗1:店にコンパを頼んだら【ドラ〇エ3人組編】


これは忘れもしない、5年前の冬…。年末にパーッと忘年会をしようと、悪友仲間3人と一緒に山中温泉でピンクコンパニオン計画を立てていた。



こちらが3人に対して女の子3人、当時の自分たちとしては最高に贅沢な宴会をする予定だった。
1:1で、気に入った女の子をずっと離さずイチャイチャ、女の子を上手く酔わせてたっぷり触りまくる予定だった。
そのことを妄想するだけで心も下半身もウキウキと湧き立ち、年末のつらい時期も何とか乗り越えた…。


(こんな風にたっぷり触ってもらいたい…)

⇓⇓

ピンクコンパニオンのサービス

この時の自分は、ピンクコンパニオンに関してほとんど知識がない状態だった。その時は、以前の会社の20歳年上の先輩がよく旅館に頼んでいたのを思い出して自分もそうすることにした。


ネットで調べた某旅館に、宿泊予約と一緒に「ピンクコンパニオン3名お願いします」と依頼をした。


軽い気持ちで「こうするのが普通なんだ」と疑わずに電話をしたのが、そもそもの間違いだった…。

当日は初めてのピンクコンパニオンとのこともあり、期待で胸が膨らんで仕方なかった。ナイスバディのお姉さんを触りまくって天国に行けると思っていた。


しかし、現れたのはナイスバディの美人お姉さんはことごとく正反対のパーツを所有した、モンスター3人組だった。

ドラ〇エ3人組

1人目はデブ。ハムのような巨体を持ったハムだった。

胸は大きいがお腹の方が大きい。移動するのも歩くより転がったほうが速いのではないか?髪は明るい茶色で傷んでいた。化粧は一昔前のギャルのような濃いアイライン。これはどう考えてもゴメンナサイするレベルだった。


2人目はガリガリの棒みたいなブス。ダシも出ないくらいの鶏ガラみたいだった。

胸が無いのはもちろんのこと、見えている鎖骨あたりもガリガリすぎて可哀想になった。顔も化粧っ気がなく普通に不細工だし、歯が出ている。普段人の容姿にとやかく言う方ではないが、ピンクコンパニオンという男を接待する職業でこれが来るか???とあっけにとられた。


3人目はそこまで巨体ではないがデブだった。歯が一本抜けていて不潔そうだった。

とても触りたいとは思えないし、口でしてもらいたいとも到底思えない。


まったく理解が追い付かない状況だった・・・。

3人いて1人くらい好みと違う子がいても仕方ないだろう!という話だったが、まさか3人が3人ともモンスターだとは誰も想像していなかったのだ。




【悲報】フロントに苦情を言ったが相手にされず・・・

もちろん、すぐに内線でフロントに電話をして苦情を言った。

しかし、「担当の者がいないのでなんとも…また当日のチェンジはできかねます」ということだった。

どれだけ酷いかを説明したが、「ピンクコンパニオンですよね、ピンクだとそんな綺麗な人は難しいですよ」と言われてしまった。


その日の宴会は2時間を耐えるのが苦行のようだった。絶対に忘れない。。。


後日、旅館の予約担当者から謝罪電話があった。

どうやら旅館のコンパがその日はいっぱいで、外部に受注をしたそうだ。まったく言い訳にならない。払った金額は同じなのだから、あんなあり合わせ状態で寄こすのは勘弁してほしい。


これは今思い出してもムカムカする。二度とピンクコンパなど呼ぶか!!と怒り心頭だった。ピンクコンパニオンの天国デビューとなる予定が、とんなことになってしまった。



失敗2:当日激安コンパを頼んだら【母ちゃん…編】

3年前、伊東温泉に飲み仲間と一緒に打ち上げ旅行をしていた時の話だ。

そのときはコンパニオンや女遊びは考えておらず、普通に男だけで気兼ねなくワイワイやっていた。


当日は飲み放題で酒をどんどん開け、かなり酔っぱらった。メンバー全員でテンションが上がり、宴会後は部屋に戻って二次会で盛り上がっていた。メンバーの一人が「女を呼ぼうぜ!!」と言いだした。


せっかく温泉地に来ているんだからピンクコンパニオンを呼ぼう!となってメンバー全員でスマフォで派遣会社を調べ始めた。

自分も3件ほどかけたが、2件は繋がらず、3件目には「当日はできません」と断られてしまった。


そのうち「これから探してみる」と言うところが同時に2件見つかった。

どちらも、女の子に今から声をかけて集まれば直接旅館の部屋まで来てくれると言う。これは相当楽しみだ。

その後15分ほどして、「コンパニオンが見つかった」という連絡が来た。料金は片方が1名26,000円くらいで、もう片方が20,000円だった。


「6,000円も安いならそっちの方がいいだろ!」という満場一致で安い方に頼むことに決めた。

その時は、「安い会社を見つけてラッキー」くらいにしか思っていなかった。

お察しかもしれないが、それが間違いだったのだ…



母ちゃんコンパニオン

はい、大ハズレ。

扉を開けて入ってきた瞬間に萎えたのが分かった。

2人呼んだうち、1人は明らかに50代以上だ。少なくとも40代ではない。もう一人は30代後半か40代くらい。


「いやいや、母ちゃんかよ!?」

思わず頭の中にはこの一言が浮かんだ。


20代のメンバーの母ちゃんの方がまだ若かったくらいだ。これはもう完全に失敗したと分かった。


このレベルなら1人20,000円なんて高すぎる。逆にこちらが金を払ってほしいくらいだった。

2時間もいてほしくなかったため、すぐに帰ってもらうことにした。


「お金は払ってもらわないと困る」と言われたが、払わなかった。

だってそうだ。年齢的に明らかにこれはコンパとしてアウトだった。それを分かって派遣したのだから、罪は派遣会社にあるはずだ。

「交通費だけでも」とあまりに粘られたので、仕方なく5,000円だけ皆で折半して渡すことになった。


その一連のやり取りですでに50分、慌ててもう一つの会社に電話したが、「もうこの時間からは無理です」と断られてしまった。

結局ドタバタして現地のおばちゃんの顔を拝んだだけで、期待したエロ展開にはならなかった。


金額だけで安易に決定してしまったために味わうことになった苦汁であった。


失敗3:仲居に頼んだら【お前近所のおばちゃんだろ‼編】

次に、仕事でひとりで芦原温泉に行った時だ。

本当は1泊で帰る予定だったが、次の日の予定が何も入らなかっため急遽もう一泊を取ることに。

面倒なので連泊をすることにしたが、ただ前日と同じと言うだけでは面白くない。


そこで1名のピンクコンパニオンを呼ぶことにした。

あわら温泉は、全国でも数少ない1名でのコンパ派遣をしている温泉地だったからだ。


しかしどこで1名派遣をしているのかが分からず、部屋付きの仲居に聞いてみることにした。


「明日の夜に呼べるピンクコンパでいい子います?」と聞いたところ、「お客さんいい子いますよ!私が紹介しますね!」と元気の良い返事が返ってきた。


なんでもここだけの話、自分のような男性客に聞かれたら教えるような女の子がいるらしい。

温泉宿に泊まっている客のところに1人で来るということは、かなり濃厚なサービスが期待できるはずだ、と心を踊らせていた。


以前の失敗体験から学び、私はしっかりとその仲居へ「希望は20代、できたら美人でおっぱいの大きい子」と希望を伝えた。

最悪20代でなくても、それっぽい子を派遣してくれるはずだ。

特別美人でなくてもいいのだが、希望を言うだけはタダだと思い伝えておいた。


さて、あとは当日の夜を待つのみとなった・・・。


おばちゃんコンパニオン

当日部屋に現れたのは、どう見ても子供が3人はいるであろうおばちゃんだった。


「近所から来たおばちゃんか!?」と思わず突っ込みを入れたくなった。


まず20代ではない・・・推定36歳くらいか。

本人は32歳だと言っていたが、もうその時には年齢などどうでもよかった。

30代でも何でもいいから、せめてもっと顔とスタイルがマシで、夢を見させてくれる子が良かった・・・。

あの仲居は、本当にこの業者を他の客のときも紹介していたのだろうか?クレームの嵐になるのではないか??と疑問でいっぱいだった。


しかしこのおばちゃん、テクはなかなかのものだった。

まあおっぱいは大きかったし、そのデカパイを使って激しく私のムスコをしごいてくれた。

恥ずかしながら私はそれで興奮してしまい、揺れる乳を揉みしだきながら夢中で舐め回してしまった。

また舌使いと指テクもなかなかのもので、私のを咥えてられてからは怒涛の攻めに我慢できずにすぐに果ててしまった。その後は食事のお膳を下げてもらい、デカパイおばちゃんを1時間延長することにした。

部屋の電気を消して布団に潜り込み、そのまましっぽりとやってしまった。



なるほど来たのは近所のおばちゃんだが、これで他の客は何も言わないのか…と妙に納得してしまった。

結果的にはしっかりと楽しんでしまった訳だが、これは私の許容範囲が広かっただけの話である。

普通に20代の美人を頼んで近所のおばちゃんレベルがきたらトラウマものだろう。



2、コンパで失敗しない鉄則パターン3つ

ピンクコンパニオンの美脚

さて、ここまで私の痛いピンクコンパニオンの失敗談を3つ紹介してきた。


これはワースト3位のもので、当たり前だがオイシイ思いをしたピンクコンパニオンもある。


それも自分の好みの清楚系のルックス、色白で形の良いおっぱいの子に当たった時は本当に最高だった・・・。

たまに失敗もあるが、その倍の成功があるからピンクコンパニオンはやめられないのだ。

(結局男は、その成功した感覚を忘れられずにまた女を求めてしまうものなのだ・・・)

しかし、すべて運任せというのは違う。

美人でサービスの良いコンパニオンを呼ぶ方法というものがある。


実際、私がこの方法にたどり着いてからはほとんど失敗はない。

あっても酒で流せてしまう程度だ。

今回私がお気に入りの「あわら温泉」で実験をした結果と、その方法を3つ紹介していこうと思う。



鉄則1:直接コンパニオン会社に電話する

コスプレピンクコンパニオン

私が失敗した原因の一つは、「店や仲居を通してにコンパニオンを依頼したこと」だ。

基本的に旅館の予約担当者や仲居は、私たちがいくらコンパニオンの要望をいったところで真剣に取り合わない。


たとえコンパニオンが最悪だったとしても、間に入った旅館は「依頼されたピンクコンパニオンで手配しました。外注なので何とも言えません。」としか言わない。

こちらは真剣に希望を言っているのに、その熱意は手配する担当者に伝わってはいないのだ。


そう、旅館はコンパニオンの人数を手配するだけで、よっぽど何回も利用しているリピーターなら話を繋いでもらえるかもしれないが、初めて利用する新規客からの要望など、そこまで取り合ってもらえない。



実験:コンパ会社に直接頼むと良い子が来るのか?

そこで私は、「コンパニオン会社に直接頼む」を実験した。

スマフォでコンパニオンを派遣している現地の会社を調べ、ピンクをやっていそうなところに直接電話をかけて頼んだ。

またこちらのメンバーが20代ばかりだと伝え、「30代半ばとかきたら全然合わないからお願いしますよ!!」と伝えた。



すると結果として、20代前半1名、20代後半2名が来てくれた。

顔はそこそこ~可愛い子たちで、愛想も良く人気のある嬢たちだった。コンパニオン本人たち曰く、派遣の会社の社長から「要望を細かく言われているからサービス良くするように」と言われていたらしい。


この経験から、私はコンパニオンを呼ぶときに旅館や仲居を通さず自分で依頼するようになった。


また、この【宴会コンパニオン旅行】サイトもコンパニオンを直接派遣している会社である。

そのためコンパニオンに関してはしっかり質の良い子が派遣される。

↓↓


お問い合わせはコチラ





鉄則2:安い会社で頼まない

2つ目の失敗は、「料金が安い方でいいだろう」と安易に安い会社でピンクコンパニオンを頼んだことだ。

「同じピンクサービスができる子なら、料金が違っても内容は同じだろう」と思ったのが間違いだった。


「安かろう悪かろう」という言葉がある。

まさにそうなのだ。


料金が安ければそれだけ得なように思えるが、

高確率でそう上手くはいかない。数千円安く呼ぶことができたとしても、来たコンパがブス・デブ・ババアでは話にならない。



安いコンパニオンの質が悪いのはなぜか

コンパ失敗

「コンパニオンの値段が安い」ということは、「コンパニオンの給料が安い」ということだ。

若くて綺麗で愛想が良いような子は、どこの会社に行っても人気嬢になる。

そんな子がわざわざ安い会社で働くということはない。

こういった水商売で働く女の子は、「少し手も給料が高いところで働きたい」と会社を複数登録している。



そのため、給料の高い会社から声がかかるとそちら優先で出勤するのがデフォルトなのである。

そして給料の高いコンパニオン会社には質の高い子が集まる。会社はその子を人気順に出勤させるので人気の嬢に当たる確率が高い。

つまり、値段が安い=給料が安い会社では、その会社でしか声のかからないコンパニオンが来る確率が非常に高いということだ。


実験:料金が高い会社の方が質が良いのか?

20代コンパニオン

そうはいっても、「高い料金を払ってどのくらい差があるのか?」は実際に呼んでみないと分からない。

高いだけのぼったくりはないのか?も気になる。そのため、今回は同じ平日で、別日に2社のコンパニオンを頼んでみることにした。



1社目は2時間20,000円。ピンクコンパニオンでは最安値だ。

2社目は2時間28,000円。通常の相場よりも2000円ほど高い。

2つの会社のコンパニオンはどう違うのか?私個人としても非常に気になるところであった。



結果は、28,000円のコンパニオンの方が確かに質の良い女の子達がきた。


若くてどの子も美人か可愛いかでスタイルも良かった。

挨拶もしっかりしており、リーダーがしっかり盛り上げて場を楽しくしてくれた。サービス的には個人差があり、1人はかなりイケイケだった。慣れた手つきで男衆を悦ばせてくれた。もう1人は20代前半でそこまで慣れていないようだったが、一生懸命サービスしようとしてくれている姿が可愛らしかった。



一方安い方はというと、案外そこまでひどくはなかった

しかし、特に可愛くはない。「普通」である。以前ドラクエ3人組を経験したことがある私からは充分だと言える。

年齢は20代後半1人、30代前半1人、30代半ば1人でまあ悪くはない。

ただ一つ言うと、30代半ばのリーダーはいかにもスナックで長年働いていそうな派手派手しさで、体型もぽっちゃりで20,000円の価値はないと感じた。



今回の実験結果からすると、予算がない・そこまで容姿や年齢にこだわらないということであれば、安いコンパニオンでもまあ問題ないことが分かった。


しかし、ピンクコンパニオンとは男の非日常だ。その滅多にない娯楽を存分に楽しむためには、料金でケチり過ぎないほうが良い。


相場より2,000円~3,000円多く出すくらいの方が結果的には満足できるのは間違いない。

絶対かわいいピンクコンパを呼びたい時、大事な接待の席、先輩に念押しされている時などは特に料金は少し高めで予算を組むことをオススメする。



鉄則3:担当者に希望を念押し&相手の名前を押さえる

浴衣コンパニオン

あなたはコンパニオンの希望を伝えるとき、さらっと「いい子でお願いしますよ~」などと言っていないだろうか?

そんな言い方では、正直言って意味がない。

そんな希望の出し方は、ぶっちゃけピンクコンパニオンを頼む全員が言っているからだ。全員言っていることを同じようにしても特別気にも留められない。



コンパニオンの席は一日に何席もある。その中に女の子を派遣会社が振り分けする。


つまり、質のいい子がくるかどうかは派遣会社の振り分けの采配なのだ。

そこで、「この席ではしっかりいい子をつけなければ」と気に留めてもらえる方法がある。


それが「担当者にコンパニオンの要望をきっちり伝え、相手の名前を確認する」ことだ。

それにより、予約を受けた担当者が「良くない子が行けば自分宛てに文句を言われる」と気にするようになる。


実験:希望の念押しと担当者の名前は効果があるのか?

これもあわら温泉での実験結果だ。

今回は「ハードコンパニオンで最後までいける子」と希望し、どれだけサービスのいい子が来てくれるのかを検証した。


ちなみにコンパニオン会社の常識として、「コンパニオンで最後までいけます」と堂々と派遣するわけにはいかない。

会社がそのように斡旋すると法律に触れるからだ。


そのため、どこのコンパニオン会社もその要望に「わかりました!」と言うところはないだろう。しかし呼ぶ側としては、正直ワンチャン期待しないわけにはいかない。そのため今回はあえてこのテーマを選んだ。


今回は

(1)普通のテンションで「最後まで行ける子」と希望した時

(2)「接待先の上司がどうしても最後まで行ける子を希望していて、そうでないと困るんです」と希望した時

で比較してみた。



結果、普通に頼んだ時は、まあいつも通りなのだがコンパニオンの方も「よくそういう要望言われます~」というくらいのテンションだった


そういう雰囲気に持っていこうとしたが、「延長してくれたらサービスするよ!」とうまくかわされてしまった。お金がいくらあっても足りないと思い断念した。「ピンクコンパニオンとできるかどうかは運次第」と思えば、まあ普通である。



次に、電話口の担当者にかなり念押しした場合だ。

「接待先が言ってるんでサービス良い子お願いします!」と伝え、「あなたの名前は?」と聞きいて相手の名前をゲットした。


その時来たコンパニオンは、ルックスの質的にはやや落ちたものの、サービスはかなりの濃厚さだった


来たコンパは今回の要望を最初から分かっているようで、口では「そういうことは表向きやってないよ」と言いながらヤル気満々で触ってきた。

泊りの部屋に移動して延長し、布団の上で裸になって抱き合った。その後ははっきりとお伝えはできないが、まあ満足いく結果になったとだけ報告しておこう。


おそらく私が名前を聞いた担当者ががんばってくれたのだろう。



3、まとめ:質の高いコンパを呼ぶ方法

20代コンパニオン

いかがだっただろうか?今回は「コンパニオンで失敗しない方法」を実験・検証した。

まとめると、

------------------------------------------------------------

1、コンパは旅館を通すより自分で直接呼んだほうが良い。

2、料金が安いところに安易に頼まないほうが良い。

3、コンパニオンの希望は予約時にきっちり伝え、相手の名前を聞いておくと良い。

------------------------------------------------------------

である。


ピンクコンパニオンについての正しい知識を知っている人は少ない。

そのため、きっちり正しいツボを押さえればしっかりいいコンパニオンがきてサービスしてくれるのだ。

せっかく高いお金を払うのだから、ぜひ美人嬢と存分に遊んでほしいと願う。


こちらの【宴会コンパニオン旅行】サイトでは、コンパニオンを直接手配しているので質の高いコンパニオンを直に呼ぶことができる。電話してコンパニオンについて質問してみることもできる。

ご予約・お問い合わせ

4、エロい体験ができるあわらのプランまとめ

今回実験したピンクコンパニオン(ハードコンパニオン)は下記のあわら温泉の旅館で実験した。

コンパニオンとも遊びやすく人気の旅館だ。

あわらグランドホテル

あわらグランドホテル

料金 24,360円~
コンパ種別 スーパー・ピンク
プラン内容 ・一泊二食
・飲み放題120分
・ピンクコンパニオン120分

七つの湯めぐりが楽しめる!芦原温泉宴会自慢の宿。

宿の詳細を見る

ホテルぐらばあ亭

ホテルぐらばあ亭

料金 24,360円~
コンパ種別 スーパー・ピンク
プラン内容 ・一泊二食
・飲み放題120分
・ピンクコンパニオン120分

異国情緒あふれるお宿

宿の詳細を見る

ゆ楽ホテル

ゆ楽ホテル

料金 24,360円~
コンパ種別 スーパー・ピンク
プラン内容 ・一泊二食
・飲み放題120分
・ピンクコンパニオン120分

ピンクコンパニオンパックが人気!日本海の幸も満喫♪

宿の詳細を見る

長谷川

長谷川

料金 18,700円~
コンパ種別 コスプレ・ソフト
プラン内容 コンパニオン1名120分
※宿泊料金は別途見積もりとなります。

四季折々の旬を楽しめるお宿

宿の詳細を見る

あわら温泉の他のコンパニオンプランはこちら

5、おまけ:今回の舞台、あわら温泉のピンク事情

芦原温泉ピンクコンパニオン宴会風景

福井県あわら温泉は、筆者が特に鬼リピートしているコンパニオンスポットである。


あわら温泉は、女の子との交渉成功率が高いため筆者のお気に入りだ 

(※交渉とは、ピンクコンパニオンの基本サービス以外の「ヌ〇までしてもらえるか?」、「最後まで〇〇してくれるか?」といった、いわゆる裏の交渉である)


普通だとコンパニオンの定義としてはOKすることはまずないのだが、宴会後の裏の交渉は自由。

ということで筆者は毎回の宴会で腕を磨いているのである。



「ハードコンパニオン」と「ピンクコンパニオン」は同じ

あわら温泉のピンクコンパニオンを調べると、ほとんどが「ハードコンパニオン」という名前がついているため、「ハードって何?ピンクとサービスは違うの?」と分からない人も多いだろう。


しかしそこは安心してもらって大丈夫だ。

あわら温泉の「ハードコンパニオン」とは、「ピンクコンパニオン」と同じ意味である。

なぜ名称が違うのかは残念ながら不明・・・「福井県のご当地ネーム」という他ない。


あわら温泉の「ハードコンパニオン」は、熱海や石和で呼べる「ピンクコンパニオン」となんら遜色ないサービスが受けられるコンパニオンである。



あわら温泉のピンクコンパニオンはとにかくエロい

半裸のピンクコンパニオン

あわら温泉のピンクコンパニオンはエロくておすすめである。

宴会の時の女の子のノリはえげつないくらいだ。

女の子が飛ばし過ぎて、逆にこちら側がついていくのが大変なくらい…と言えば伝わるだろうか?


以前自分が連れて行った後輩は、宴会の始めの時は若干引いていた。この下品さは、ビールが2本くらい入って丁度良いくらいだ。

コンパニオンに清純さを求めるのにはあまり向いていないが、エロさを求めるならあわら温泉はかなりの良スポットであろう。

お電話でのお問合せ:050-5541-6065 この旅館のご予約・お問い合わせ:楽しいをカタチにできるプランをご提案します。

------------------------------------------------------------------------

【筆者プロフィール】

 ・名前 :城戸祐介(きどゆうすけ) 

・誕生日:1983年3月20日 

・出身地:長野県

・性格 :人見知り

 ・宴会コンパニオン視察担当

 ・国内旅行業取扱管理者資格保有

▼twitterでコンパニオン情報をつぶやいています

https://twitter.com/CompaEnkai_san

twitter ID:@CompaEnkai_san

------------------------------------------------------------------------

関連記事

カテゴリー

最近の投稿