伊豆長岡温泉の歴史やコンパニオンの特性についてご紹介します。

宴会コンパニオン旅行はお客様の要望に合わせたコンパニオンを手配します

お電話でのお問い合わせ・ご予約 050-5541-6065
メールは24時間受付しております。

伊豆長岡温泉の歴史

伊豆長岡温泉のコンパニオン画像

ピンクコンパニオン発祥の地と言われている伊豆長岡温泉。温泉でのコンパニオン宴会の話をするのに伊豆長岡は外せません。
他の地域とは一味違った面白いサービスも沢山あります。そんなコンパ宴会推奨地、伊豆長岡の歴史についてご紹介していきたいと思います。 伊豆長岡温泉への温泉旅行をお考えの方は、この機会にご参考ください。


伊豆長岡温泉の始まり

伊豆長岡温泉の歴史

本州の南東部にある伊豆の入口にある伊豆長岡。真ん中にある源氏山を境目に、東部が源頼朝が利用したと言われている由緒ある古奈温泉、西側が西暦1903年に開湯されたと言われる長岡温泉と言われており、この2種類の温泉を合同で伊豆長岡温泉となっております。

桓武天皇の時期に伊豆へ流された役人が、この地の景色をを見た際に、京都の長岡にそっくりだと感銘し、名前をつけたのが由来だと言われています。温泉の歴史としては多少浅い長岡ですが、すっきりとしたでしつこさののない素晴らしい泉質は評価がとても高く、様々な層の方々がこの地を訪れています。

伊豆長岡温泉のコンパニオン画像

周りには、北条時政が建造した願成就院や、北条政子の産湯の井戸、源頼朝の妻、八重姫由来の真珠院など、源や北条の歴史ある建造物も数多く存在しています。
また近くには、幕府の末期の江川英龍由来の江川邸や反射炉なども存在し、様々な時の歴史の一端を感じることができます。 バブルの時代には歓楽街がとても繁栄していたことから、飲み屋街やストリップ場といった、昔の歓楽街の面影が今も存在しています。
低い山々に囲まれているが、一部の宿から富士山を見ることもできます。

伊豆長岡温泉と武者小路実篤

伊豆長岡温泉のコンパニオン画像

かの有名な武者小路実篤も伊豆長岡温泉を訪れています。 昭和時代の始めになんと20年間において訪れており、人生の半ばを暮らしており、書物を書く場として使っていたことでも知られています。

この、武者小路実篤が利用していた宿が今現在のいづみ荘です。武者小路実篤が利用していた当時は共栄館と呼ばれており、現在に至るまでに何度か改修されており、改装の影響で建造物の細かな造形こそ異なってはいるが、その客室は実篤の間として今現在もいづみ荘に残っております。

宿の中の各地には、野菜等をデッサンした本人直筆の絵画が今でも残っています。それは彼の小説のファンだったと言われる近くの校長が、自作の野菜などを彼に贈ったたことが、絵画を描くきっかけになったと言われています。

伊豆長岡温泉のコンパニオン

コンパニオンについて

伊豆長岡温泉のコンパニオン画像

伊豆長岡温泉では、スーパーニオンやピンクコンパニオンは古くから存在しているので、抱えている人数もとても多く、20代のピチピチの女の子から。30代のお色気たっぷりのいセクシーな子までお客様の様々なご要望に合わせてご手配いたしております。伊豆長岡温泉のピンクコンパニオンプランはこちらよりご確認ください。

伊豆長岡で旅館をご希望の方は当社までご連絡ください。温泉コンパニオン、スーパーコンパニオン、ピンクコンパニオンなどの宴会付き旅行のことでしたら全国各地の情報を網羅しております。大人数の団体の方はもちろん、少人数の方用のプランもご手配しておりますので、お気軽にお問い合わせください。